効果的な税金対策

海外への子会社設立が活発になっている

税金への対策を講じる事は、企業にとって重要な業務になります。なぜなら得た利益をそのまま申告すれば、納税額が莫大な値に発展する事もあり得るからです。納税する事は国を潤しますが、企業にとっては疲弊に繋がります。 以前は設備投資をして利益を逃がすやり方が一般的でした。しかし仕事に関係する設備投資以外は、会社とは無関係の活動と判断されます。会社の仕事に関係する何かを見つける事には限界がありました。 だから最近では海外に子会社を設立する動きが目立っています。海外では日本よりも税率が低い事が珍しくありません。そこに利益を渡す事ができれば、課せられる税率も下がります。だから子会社に移転価格で商品を売る事が流行しているのです。

移転価格の設定をする業者

しかし国にとっては取得できるはずの税金を、海外に逃がされている格好です。移転価格税制を設ける事で企業を牽制します。移転価格税制とは子会社の置かれている国において、取引があった場合に適応されるものです。取引相手は無関係の第三者になります。彼らに対しては通常価格で販売するため、本社は大きな利益を得ます。その時の販売価格が子会社間の取引でも適用されるのが、移転価格税制の仕組みです。子会社間の取引が通常の価格で行われたと判断されれば、本社の受け取る利益も上昇するため税金をしっかり回収できます。 移転価格税制は企業にとって目の上のたんこぶです。その問題を排除するために現れた業種が、移転価格コンサルティングと呼ばれるものでした。