ピックアップ

リストラへの対策

会社の業績悪化により、リストラなどの不当解雇を受けた場合、弁護士に相談することで問題を解決することができます。次の仕事に就くまでの間の給与を保証してくれる事もできるため、利用することができます。

詳細を確認する

効果的な税金対策

会社にとって重要であるのが税金対策です。移転価格コンサルティングなどの移転価格設定ができる業者を利用することにより、海外にある子会社へ利益を渡すことができるでしょう。

詳細を確認する

離婚問題に活用できる

弁護士に依頼する事により、どうしても離婚したい相手と別れることができます。離婚を行う場合養育費や財産分与などの問題で多くのトラブルに見舞われますが、弁護士に依頼することで問題を解決することができるのです。

詳細を確認する

やむを得ない場合

離婚を行う場合、多くの人が図書館やウェブを利用することで、離婚による決め事や相場などを知ることが出来ます。しかしどうしても相手との取り決めの間でもめてしまう場合、弁護士を雇う必要が出てくるのです。

詳細を確認する

任せられる専門家

会社の解散方法について

残念ながら会社を解散させるときには会社の解散登記をすることが必要です。解散登記とはどのようなものなのでしょうか。まず、会社に関する様々な事は法務局に申請しなければなりません。会社を経営したことがある人ならば、会社設立の時に商業登記をした覚えがあるでしょう。その商業登記の1種として解散登記があります。したがって、会社設立をした時と同じような登記を解散時にもする必要があるのです。では、どのようにすれば解散登記を行うことができるのでしょうか。オススメは、商業登記の専門家である司法書士に依頼する方法です。司法書士に依頼をすることによってでもなく登記をおこなうことができます。手間をかけたくない場合には朝食に依頼しましょう。

商業登記の方法について

商業登記をする場合には司法書士に依頼する方法が一般的ですか、会社の創業者商業登記を行うこともできます。最近では、インターネットに商業登記の方法を解説しているインターネットサイトがあります。そのようなサイトを参考にすることによって、自分たちでも商業登記を行うことができるのです。ですから、司法書士に頼む費用を節約したい場合には自分で解散登記をすると良いでしょう。インターネットだけでなく書籍もあるので参考にしてください。司法書士に依頼した場合の数十万円を節約することができます。司法書士に頼めば時間を節約することができますが、自分で登記をすれば費用を節約することが可能です。このどちらかを選ぶかはケースバイケースなのです。